プロジェクターというと皆さんの頭の中にはきっとこのような画面が浮かんでくるでしょう。教室でも会議室でも、私たちのイメージのプロジェクターもそうです。

タフネススマートフォンで有名なBlackviewは、先頃プロジェクターを内蔵したスマートフォンを発表しました。これはハイエンドスマートフォンとしてだけでなく、多機能なマイクロレーザープロジェクターです。専用の映画館を家でも旅行にもいつでもどこにでも持ってくことができます。

グローバル・テクノロジー・プレーヤーからのレビュー

English

Español

Polski

Español

仕事のアイデアをプロジェクターで共有することもできます。

TVを見るためのアプリをインストールすれば、大画面でTVを見ることができます。

仲間と一绪に游んだ時、野外でいつでも大きなスクリーンの映画館に変えることができます。

自宅で映画を見ると、携帯電話は数秒で大画面のホームシアターになります。

また、旅行時に彼女と一緒にテントの中で映画を見ることもできます。

ベッドに寝転びながら、天井に映し出しだ大画面の映画を見る機会を、逃してはいけません!

バーではいつでも友達と動画を共有することができます。

旅行の時、野外でいつでも映画を鑑賞できるのはクールです。

シンプルなビジネス会議では、本格的なプロジェクターを設置する必要はありません。 MAX 1 なら簡単です。

Max1は公式にリモートコントロールを搭載にして、自分の好きな番组を简単にコントロールできるようにします。

体積が限られている為、一般的な家庭用プロジェクターと比べて輝度がそれほど良くはありません。しかしBlackviewの公式発表によれば、MAX 1はMEMSレーザーポイントスキャニング技術を使用しています。 薄暗い環境で使用すると、ハイエンド液晶テレビの4K効果に匹敵します。

一般投影

MEMS レーザ投影

注目すべきはこのような小さいサイズにも関わらず、傾斜した場所に設置しても台形補正機能により正しい投影ができる事です。

フルオートフォーカス技術により1秒で画像の鮮明さを最高の状態に調整します。 壁から2メートル離して70インチ、3メートルの距離で200インチスクリーンを投影できます。

プロジェクター機能だけでなく、6インチのサムスンAMOLED18:9ディスプレイは16:9の伝統的な5インチ相当に相当します。2160x1080という高解像度です。

普通の画面

AMOLEDディスプレイ

また、 6 GB のフラッシュメモリと、数十本の映画を保存するために十分な 64 GB の大容量メモリを搭載しています。

Blackviewのスマートフォンには、セルフタイマー付きのカーボンスチール三脚と、360°ステレオサラウンドサウンドをサポートするミニサブウーファーが標準添付されます。

いつでもどこでも友達と遊ぶことができます!

MAX 1のバッテリーは、5時間のビデオ投影と150時間の音楽時間を提供します。

OSはAndroid 8.1で、すべてのGoogle Playストアソフトウェアアプリが制限なしでサポートされています。
あなたの好きな映画とゲームを選択できます。

スペインからの製品アクセサリーの使用法の説明

MAX 1スマートフォン機能を見ていきましょう。搭載されるA53アーキテクチャーのCPUは2.5GHzオクタコアで構成されています。日常生活やモバイルゲームに使用できます。 Mali-G71 770MHzグラフィックプロセッサと最大6GBの大容量メモリで、リアルなゲームプレイとスムーズな操作を実現します。

ゲームハンドルはゲームをより簡単にします

MAX1研究開発の過程

2017年6月(製品設計)

10ヶ月後。 2018 年 4 月に香港の展示会でデビューした(10ヶ月をかけて、200人のエンジニアが共同開発した)

8ヶ月後。
2018年12月にメディアで露出(最初の開封後に使用する)

2019年1月26日(公式サイトへの初登录)

2019年2月20日(生産)

2019年3月1日 (販売予定)

2019年3月中(出荷)

このリンクを共有すると、50%勝つ可能性が高まります。